つまんない映画

 最近見た映画が立て続けにつまんなかったです。つまんない話ならやめておけば良いのでしょうが、私の気が治まらないので書きます。
7月24日通りのクリスマス
 作者が何を訴えたいのか全く分からない作品。「嫌われ松子の一生」以来、中谷美紀は作品に恵まれていないなあ~。つまんない少女漫画を映画化したらこんな感じなのかな??。
虹の女神
 市原隼人が演技が下手なのもあるけど、ストーリー自体が面白くないし、見せ場やメッセージ性が全くない。これまたチープな作り。上野樹里がかわいそう。
ルート225
 パラレルワールドに入ってしまった少女(多部未華子)と弟の物語です。何とも安っぽい作品です。何か大学のサークルあたりでももっとましに作れそうな気がする。話の展開としてはどうしたら元の世界に戻れるんだろう、といったそわそわ感がありますが、「?」な結末には閉口してしまいました。そもそも映画のタイトルの意味が分かんない。
 TSUTAYAレンタル半額、なんて浮かれて借りたりするとこんな感じになってしまう。
 基本的にドキドキ感やメッセージ性がないものはダメですね。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~

「想い出がいっぱい」 H<sub>2</sub>O

「想い出がいっぱい」 H<sub>2</sub>O

バブリーな曲に合わせて踊る様子で最近元気な荻野目ちゃんですが、今回はそれよりも数年前のアニメで妹役を演じた「みゆき」についての話題です。 元は「少年ビッグコミック」に連載された漫画で、私はリアルタイムに貸本屋で借りて読ん […]

「ウエディング・ベル」 シュガー

「ウエディング・ベル」 シュガー

最近の日曜日の午後は文化放送の「ミスDJリクエストパレード」を聞いています。 と言いつつ、この時間に家にいることは少ないので、録音して聞いていることがほとんどです。 1981年から85年まで深夜放送として放送されていた当 […]

「彼女はデリケート」 佐野元春

「彼女はデリケート」 佐野元春

彼が歌うこの曲をまず最初に聴いたのは、『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』に収録されたものでした。 曲が始まる前に、彼が語るセリフの部分があります。 空港らしい場所での背景音にかぶって彼が語ります。 ただ冒頭 […]

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

80年代を代表するバブルな感じの音となると、私は角松敏生を挙げたいと思います。 チョッパー奏法のベース、電子パーカション、スクラッチ、 ロングプレイバージョン(12インチシングル)等、それらの巧みな組み合わせ。 特に、1 […]

「駅」 竹内まりや

「駅」 竹内まりや

そもそもの音楽的な素養がありながらも、それがアーティストという形で認知されるようになったのは、彼女が山下達郎と結婚した頃からではないかと(勝手に)思っています。 この曲は中森明菜への提供曲をセルフカバーしてヒットしたとい […]

ページ上部へ戻る