つまんない映画

 最近見た映画が立て続けにつまんなかったです。つまんない話ならやめておけば良いのでしょうが、私の気が治まらないので書きます。
7月24日通りのクリスマス
 作者が何を訴えたいのか全く分からない作品。「嫌われ松子の一生」以来、中谷美紀は作品に恵まれていないなあ~。つまんない少女漫画を映画化したらこんな感じなのかな??。
虹の女神
 市原隼人が演技が下手なのもあるけど、ストーリー自体が面白くないし、見せ場やメッセージ性が全くない。これまたチープな作り。上野樹里がかわいそう。
ルート225
 パラレルワールドに入ってしまった少女(多部未華子)と弟の物語です。何とも安っぽい作品です。何か大学のサークルあたりでももっとましに作れそうな気がする。話の展開としてはどうしたら元の世界に戻れるんだろう、といったそわそわ感がありますが、「?」な結末には閉口してしまいました。そもそも映画のタイトルの意味が分かんない。
 TSUTAYAレンタル半額、なんて浮かれて借りたりするとこんな感じになってしまう。
 基本的にドキドキ感やメッセージ性がないものはダメですね。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る