森繁社長録

2016/6/8

映画系

森繁社長録 ~森繁久彌・社長シリーズ解説サイト

インターネットカンパニー

2016/6/2

仕事系

合資会社インターネットカンパニー

2016/9/18

ブログ, 仕事系

自社のホームページをリニューアル致しました

教科書調査隊

2016/6/8

思いつき系

教科書調査隊 ~パパ、ママ、知らないの?!

最近の記事過去の記事

PR記事

ブログ過去の記事

仕事系過去の記事

著書過去の記事

最近の投稿: コラムのデパート 秀コラム

第2043話 ■コロナ感染通知アプリと偽メール

 まあ、正式名称は違うのだろうけど、イベント会場や自己の行動範囲の中で、コロナウイルス感染者が出た際に、メール等で案内してくれるアプリのこと。「これは効果がある」と政府や医療関係者たちがテレビでコメントしていたが、「何とお気楽な人たちだろう […]

第2042話 ■全肯定から始めたい

 20年あまり雑文を書き続けて、この間もできるだけ主義・主張は変えることなく書いてきた。しかし、20年という時間は長いもので、やはり多少の変化は出てきている。前向きにそれらを成長ととらえたい。齢50半ばになろうとも、まだまだ伸びしろがありそ […]

第2041話 ■急速な変化に備え

 コロナウイルスの感染拡大に対する緊急事態宣言が39県で解除された。事態が収束に向かって進捗していることの現れで、喜ばしい。東京においても新規の感染者の確認数が、以前に比べるとかなり落ち着いてきていて、行動変容の方針や見通しが正しかったこと […]

第2040話 ■高2の夏の上京から

 高校2年の今頃、ばあちゃんが死んだ。そして、その葬式で父方の親戚と言う人と運命的な出会いをした。親父の従兄弟で、東京に住んでいた。その当時、放送作家になるのが夢で、深夜ラジオに投稿を続けていて、東京へのあこがれが特に強かった頃だったから、 […]

(秀)の書斎

  1. 秀チャネル バナー
  2. 秀島広宣
  3. メール
  4. サイトマップ

「どのくらい?」かをみんなで決めよう!

(6)「行けたら行く」の出席率は?

何かのお誘いを受けたのに、出欠の返事がすぐにはできないときってありますよね。 「既に予定が入っているものの、変更できないこともない」 「とりあえず予定は空いているけど、別に予定が入るかもしれないので、空けている」 などな […]

(5)「ふつうにおいしい」は何点?

言葉は時代とともに変化するもので、新たな言葉が生まれることも珍しくありません。 そんな新しい言葉のひとつに、「ふつうに○○」というのがあります。 「ふつうにおいしい」とか。 「おいしい」のか、「おいしくない」のか、それと […]

(4)傘を持っていく降水確率の境目を探そう!

さて、今回のテーマはちょっとこれまでと変わっています。 あなたが天気予報で見て、「これは傘を持っていく」という境目(低い方)の降水確率を教えて下さい。 なお、前提条件として、  ・屋根伝いや車の移動で、濡れないというのは […]

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「明日なき暴走」 Bruce Springsteen

「明日なき暴走」  Bruce Springsteen

大学のときに目と鼻のあたりがブルース・スプリングスティーンに似ていたクラスメイトがいましたが、その彼は身長が低くて、引きで見ると全く違っていました。ww 今日はちょっと、映画の話題から。 自分がかつて、ブルース・スプリン […]

「夏への扉」 山下達郎

「夏への扉」 山下達郎

さて、今日はカセットテープで何聴こうか? 数は少ないけど、手元に残っているカセットテープは間違いなく80年代に録音したもので、当時聴いていたものに間違いないので、このコラムを書く上で、時期を悩むことはないです。 以前、9 […]

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

この時期、佐野元春とビートたけしが自分の中のスターでした。 高校1年の秋に佐野元春が「ロックンロールナイトツアー」で我が郷里佐賀にもやって来て、クラスの友だちと二人で見に行きました。 この全国ツアーが終わった後、彼はニュ […]

「雨のプラネタリウム」 原田知世

「雨のプラネタリウム」 原田知世

ちょっと自分の記憶の整理を兼ねて調べてみました。 彼女の映画デビューは「時をかける少女」であることは間違いないですが、テレビ版の「セーラー服と機関銃」にも主演してました。 それがどっちが先だったかを確認したところ、テレビ […]

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

数年前の中学校の同窓会の3次会。 スナックでのカラオケとなったものの、せっかくなんで自分たちが中学生当時の曲縛りで歌おうということになりました。 みんな同じ歳だから、このあたりの時差はありません。 しかも私はこの手の時間 […]

ページ上部へ戻る