最近の投稿: コラムのデパート 秀コラム

第2083話 ■秘書問題

 秘書が何かやらかした話ではない。秘書を一人雇うとした場合、応募者の中から確実に優秀な秘書を見つけるためには、何人とまで面接を行うのが最も効果的かという話。仮に百人の応募があったら、その全員と面接をしてその中から最も優秀と思った人を採用する […]

第2082話 ■エコーチェンバー

 今日は、「秀コラムの日」である。1999年のこの日に秀コラムはスタートした。  さて、世の中わからないことにも相手なりの理由があるはず、という話題から。新型コロナウイルスの感染拡大はなかなか収まらず、前回の緊急事態宣言解除後のリバウンドか […]

第2081話 ■なぜ「再生」にこだわるのか?

 地方などの衰退状況を改善するような試みが全国各地で行われている。「昔はよかった。にぎわっていた」という考えがきっとその中に残っているのだろう。そのプロジェクトの名前や方針に「再生」という言葉が使われることが多いような気がする。この言葉を目 […]

第2080話 ■メールを有償化してみる案

 毎朝、私の朝はゴミ捨てから始まる。リアルなゴミ捨てではなく、メールのスパムメールを一気に捨てる。メールフィルターで全ては自動化できないので、一応目視でのタイトルチェックはするが、そのほとんどは英文のもので、これらは一気に捨てる。別に夜中に […]

(秀)の書斎

  1. 秀チャネル バナー
  2. 秀島広宣
  3. メール
  4. サイトマップ

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「DOWN TOWN」 SugarBabe

「DOWN TOWN」 SugarBabe

土曜日の夜、「オレたちひょうきん族」を見終えて、EPOの「DOWN TOWN」を聴きながら、「良い曲だなあ~!」と思ってからしばらく経ったある日、ラジオで山下達郎のライブ録音の放送がありました。 その時までの彼のヒット曲 […]

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

80年代を懐かしむサイト(https://80s-wonderland.club/)を作る過程で、80年代の化粧品のCMソングをまとめてみました。 詳しくは【ここ】をクリック 1980年春のキャンペーンソングは、 資生堂 […]

「君は天然色」 大滝詠一 再び

「君は天然色」 大滝詠一 再び

今年(2021年)は「A LONG VACATION」の発売から40周年ということで、記念盤のリリースとかもありましたが、とりあえず私は愚直に、最初のアナログ盤ジャケットを眺めながらこの原稿を書いています。 就職で家を離 […]

「NO END SUMMER」 角松敏生

「NO END SUMMER」 角松敏生

全国的に梅雨も明け、今年も夏本番となりました。 コロナ禍ながら、オリンピックで熱い夏になるのでしょうか? (オリンピックは明日開会式です) さて、 この季節に、80年代に自分がよく聴いていた曲となると角松敏生でした。 大 […]

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「ハード・オフ」で、中古のブルーレイドライブ付きのビデオレコーダーを買いました。 ジャンク品ながら、ブルーレイ、DVDともに再生できた、とのメモが付いていて、実際に何ら問題なく使えています。 実はこのレコーダー、同じもの […]

ページ上部へ戻る