「国政モニター」メールアドレス 一部漏えい

 内閣府政府広報室が国政モニターに応募した550人のうち、メールでの情報提供を求める122人に受領メールを一斉送信したところ、これらのメールアドレスを宛先「TO」に入力し、受信者にこれら全員のメールアドレスが漏えいするという事件が起き、このことを公表しました。
 政府広報室は、本来メールアドレスを「BCC」に入力すべきところを誤って「TO」に入力してしまった、と説明していますが、そもそもメールソフトを使用してこれらのメールを送ろうということ自体が問題で、そのような状態ではいつかこのような問題が起きると予見できなかったのでしょうか?。「今後注意します」ではなく、「今後はシステムを改めます」として欲しいものです。
 本当に素人ですね。

関連記事

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る