四月物語

 新作でなくて恐縮だが、この時期にあわせた「日本映画も結構良いじゃない」、という作品の話を一つ。タイトルは「四月物語」。主演は松たか子。大学の進学のために北海道から上京して来た女性の物語である。その大学を選んだ基準、アパートを決めた基準が高校のときに憧れていた先輩(田辺誠一)に会うためということだった。
 桜の花びらが散る中をトラックが走り、彼女が引っ越して来るシーンが最初の方に出てくる。新しき生活、しかも先輩に会えるかもしれないという期待感が彼女の嬉々とした表情で表現されている。彼女の身の回りは新鮮なものであふれている。その日常がリアルに描かれている。桜の花びらが散るシーン、そして後半は雨の中に開く彼女の赤い傘。非常に美しい映像である。正味60数分と冗長的な部分も少ない。
 憧れの先輩とは彼がバイトをしている本屋で出会える。好きな人と会った瞬間のそのドキドキ感、そのときの感情をあなたはまだ覚えているだろうか?。この映画の見どころはまさにここにある。そこを楽しむべし。春はそんな季節。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る