うた魂(たま)♪

 「うた魂(たま)♪」という名の映画である。北海道の高校の合唱部を舞台にしている。「スウィングガールズ」の合唱バージョンといった感じだろう。主演は夏帆である。彼女が通う高校の合唱部は合唱の全国大会の常連である。歌がうまく、自己陶酔型の主人公はそこでソプラノのパートリーダーを務めていたがあることをきっかけに合唱をやめてしまう。しかし、そんなときに出会った不良学生、だけど礼儀正しい権藤(ガレッジセール ゴリ)らが歌う、魂のこもったソウルフルな「15の夜」に心を動かされ、再び合唱へと戻っていく。
 歌うこととは何か?、歌うことのすばらしさとは?、を問いかけてくる。それに対し、技巧的なうまさではなく、相手のソウルに訴えかけることが重要だと、権藤の口を突いてそう主張してくる。権藤は3年前に路上で尾崎を歌う女性に魅せられて、仲間達を集め、合唱部を結成していた。そしてソウルにひたすらこだわる。
 最後は全国大会への予選会である。権藤らも予選に出場しようと会場に来たが、その髪形と服装から主催者が出場を許可しない。まあ、ここから先の記述は控えるが、そのままでは映画のストーリーは続かないので、どうなったかの想像はたやすいことだろう。
 そして主人公の高校の出番。ピアノ伴奏が始まったところで早くも鳥肌が立った。出演者の緊張感と会場の雰囲気が映画でありながらリアルに伝わってきたからだ。見事な合唱だった。主人公はこうして歌うことの楽しさを改めて実感した。
 キャスティング上の私のおすすめは合唱部部長、楓を演じる亜希子である。特に華のある存在ではないが、ちょっと気が強い感じの合唱部の部長として、いかにもリアルにいそうな感じが良い。これからの彼女の活躍に期待したい。
 基本的に私は青春映画に対して甘い。しかし、その分を差し引いても良い映画と言える。既に公開を終了したところが多そうなので、DVDになった際にでも鑑賞されることをお薦めしたい。
<初出:秀コラム 第1491話 加筆修正>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「DOWN TOWN」 SugarBabe

「DOWN TOWN」 SugarBabe

土曜日の夜、「オレたちひょうきん族」を見終えて、EPOの「DOWN TOWN」を聴きながら、「良い曲だなあ~!」と思ってからしばらく経ったある日、ラジオで山下達郎のライブ録音の放送がありました。 その時までの彼のヒット曲 […]

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

80年代を懐かしむサイト(https://80s-wonderland.club/)を作る過程で、80年代の化粧品のCMソングをまとめてみました。 詳しくは【ここ】をクリック 1980年春のキャンペーンソングは、 資生堂 […]

「君は天然色」 大滝詠一 再び

「君は天然色」 大滝詠一 再び

今年(2021年)は「A LONG VACATION」の発売から40周年ということで、記念盤のリリースとかもありましたが、とりあえず私は愚直に、最初のアナログ盤ジャケットを眺めながらこの原稿を書いています。 就職で家を離 […]

「NO END SUMMER」 角松敏生

「NO END SUMMER」 角松敏生

全国的に梅雨も明け、今年も夏本番となりました。 コロナ禍ながら、オリンピックで熱い夏になるのでしょうか? (オリンピックは明日開会式です) さて、 この季節に、80年代に自分がよく聴いていた曲となると角松敏生でした。 大 […]

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「ハード・オフ」で、中古のブルーレイドライブ付きのビデオレコーダーを買いました。 ジャンク品ながら、ブルーレイ、DVDともに再生できた、とのメモが付いていて、実際に何ら問題なく使えています。 実はこのレコーダー、同じもの […]

ページ上部へ戻る