4月の首都圏マンション発売戸数、3割減、近畿圏は4割減

 不動産経済研究所が5月15日に発表した2008年4月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比29.7%減の2875戸、8カ月連続で前年を下回りました。また、近畿圏の新築マンション発売戸数は前年同月比39.0%減の1248戸でした。
 一方、このように販売戸数は不調ながら、販売単価は首都圏で、前年同月に比べ14.9%増の5334万円と17カ月連続で前年を上回りました。近畿圏でも微増となっています。
 このような数字を眺めると、単に価格が高いから販売数が低調なのではと思いますが、どうでしょうか。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る