長崎市長射殺犯に死刑判決

 昨年4月の長崎市長選中に、伊藤一長・前市長(当時61)を銃撃して殺害したとして、殺人などの罪に問われた指定暴力団山口組系の元幹部の被告(60)に対する判決公判が長崎地裁で行われ、検察の求刑通り、死刑の判決が出されました。
 弁護側は死刑の求刑に対し、殺害した人数が1人であることから、83年に最高裁が示した「永山基準」に照らして「死刑選択が認められる場合にあたらない」と主張していました。
 単なる殺人事件ではなく、暴力による民主主義の蹂躙であることも判決には大いに影響していることでしょう。
 「永山基準」←クリック!

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る