アフタースクール

 「アフタースクール」という名の映画の話。この映画は3人の俳優が主人公だ。順に、大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人。大泉が母校で働く中学校教師(神野)で、佐々木が裏家業の探偵(自称・島崎)。そして堺が一流企業の社員(木村)という役どころだ。神野と木村は中学校のときの同級生で、今も近所に暮らして親しく付き合っている。
 そんなある日、木村がある女性と姿を消してしまう。その女性がヤクザの女だと思われ、木村が勤める会社の社長の使いが木村とこの女を捜すように島崎のところに依頼に現れた。裏家業の探偵である。カタギの探偵には頼めない理由がある。島崎は木村について情報収集を行うが、生活基盤が学生の頃から変わっていないことに注目し、中学校などの同窓会に探りを入れる一方、卒業アルバムから友人情報などを仕入れようと、直に学校に乗り込んいく。
 職員室で「何期生?」と聞かれ、木村が在籍していた「14期生」と島崎が答えたところ、「じゃあ、神野先生と同じですね」ということで、通りかかった神野に引き合わされた島崎。嘘の同級生であることがばれてはいけないと、そのまま同級生であったことを演じるしかない。そして島崎が神野に木村のことを問いかけると、近くに住んでいて、今も親しいことを告げる。
 そこで島崎は神野に木村が失踪した日に撮影された、ある女性と親しく写った写真を見せ、木村探しへの協力を求める。木村のことが心配なので行きがかり上、木村探しに付き合うしかない神野。当初は妻が妊娠中の浮気かと思われたが、その写真の女性は神野がよく知っている女性だった。これで神野は島崎が偽の同級生だと気が付くが、その気づいたことが島崎には分からないような振りをして、島崎に付き合う。
 捜索の途中であるヤクザ組織と木村が勤める会社が裏でつながっていることが明らかになる。そのことに木村の失踪がどうやら関係しているであろうことも分かる。そして話は大きく予想していない方向に展開し、木村も無事に戻ってくるが、その一方で、大物政治家を巻き込んだ犯罪を明らかにするまでにいたる。
 テンポ良い展開と大どんでん返しで、あっと言う間にエンディングを迎えていた。面白い映画だった。
<初出:秀コラム 第1514話>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「明日なき暴走」 Bruce Springsteen

「明日なき暴走」  Bruce Springsteen

大学のときに目と鼻のあたりがブルース・スプリングスティーンに似ていたクラスメイトがいましたが、その彼は身長が低くて、引きで見ると全く違っていました。ww 今日はちょっと、映画の話題から。 自分がかつて、ブルース・スプリン […]

「夏への扉」 山下達郎

「夏への扉」 山下達郎

さて、今日はカセットテープで何聴こうか? 数は少ないけど、手元に残っているカセットテープは間違いなく80年代に録音したもので、当時聴いていたものに間違いないので、このコラムを書く上で、時期を悩むことはないです。 以前、9 […]

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

この時期、佐野元春とビートたけしが自分の中のスターでした。 高校1年の秋に佐野元春が「ロックンロールナイトツアー」で我が郷里佐賀にもやって来て、クラスの友だちと二人で見に行きました。 この全国ツアーが終わった後、彼はニュ […]

「雨のプラネタリウム」 原田知世

「雨のプラネタリウム」 原田知世

ちょっと自分の記憶の整理を兼ねて調べてみました。 彼女の映画デビューは「時をかける少女」であることは間違いないですが、テレビ版の「セーラー服と機関銃」にも主演してました。 それがどっちが先だったかを確認したところ、テレビ […]

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

数年前の中学校の同窓会の3次会。 スナックでのカラオケとなったものの、せっかくなんで自分たちが中学生当時の曲縛りで歌おうということになりました。 みんな同じ歳だから、このあたりの時差はありません。 しかも私はこの手の時間 […]

ページ上部へ戻る