福田総理 電撃辞任表明

 昨日夜、福田総理が突然に辞意を表明した。生中継でそのまま総理の辞任会見を見たが、結局のところ、辞める理由の本音は分からなかった。衆参でのねじれ現象についても触れていたが、総理が変わったところで、このねじれの状態が解消されるわけではなく。かと言って、衆議院を解散しても選挙で勝てる見通しは全くなく、ついに政権を放り出したようにしか見えない。
 現時点で分かっていることは、後継の総裁・総理が麻生太郎幹事長であること。先日の内閣改造と党人事の刷新のことを考えると、総理と幹事長の間で、いわゆる禅譲の密約があったことも間違いないだろう。内閣改造からわずか1ヶ月。いったい何のための改造だったのか?。ようやく入閣した人には、ちょっと悲しいかも。
 これで衆議院の解散総選挙が早まったような気がする。たとえ麻生新総理で自民党への支持率が好転しようとも、現有議席を維持するのは困難だ。果たして政界再編という亡霊が動き出すのか?。今になって思えば、自民党が民主党に連立を持ちかけた点に、福田総理のねじれ国会を打開したかった強い思いがあり、それが果たせなくなった時点で、辞任へのカウントダウンは始まっていたのかもしれない。
 ところで、どう考えても、貧乏くじである。次の総理大臣。ほぼ本命ということで、麻生総理大臣との仮定で話をしよう。多少は支持率も上向き、ある程度早いタイミングでの解散総選挙となることだろう。選挙結果の予想としては、福田総理での解散総選挙よりは多少良い結果になるだろうが、今の自民党にはいろいろとネガティブな要素が多い。第一、景気が良くなく、国民の不満は大きい。後期高齢者医療制度や年金の問題もある。
 前回の郵政民営化選挙の時に比べると、自民党は議席が減ることは間違いない。普通に考えれば負ける選挙だ。問題はどのくらいの負けまで麻生政権は許されるのか?、ということだ。微減ならば良いだろうが、たとえ自公連立で過半数を制しても、その数如何によっては、総理の責任論が出てくることが予想される。
 もし、大負けしてしまえば即退陣だ。最悪、自民党が下野する可能性すらある。公明党も恐らく議席を減らすことになるだろう。そうなると、自民党と連立を組むことの旨みがなくなり、一気に民主党との連立に寝返る可能性も出てくる。いずれにせよ、自民党に明るいシナリオは想定できない。よって、次期政権は短命に終わるとの予想になる。
 私の政局予想ネタはあまり当たらない。ただ、もっとも面白く、やや大袈裟でスリリングなシナリオを展開することにしている。今回はどうだろうか?
<初出:秀コラム 第1562、1563話>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「明日なき暴走」 Bruce Springsteen

「明日なき暴走」  Bruce Springsteen

大学のときに目と鼻のあたりがブルース・スプリングスティーンに似ていたクラスメイトがいましたが、その彼は身長が低くて、引きで見ると全く違っていました。ww 今日はちょっと、映画の話題から。 自分がかつて、ブルース・スプリン […]

「夏への扉」 山下達郎

「夏への扉」 山下達郎

さて、今日はカセットテープで何聴こうか? 数は少ないけど、手元に残っているカセットテープは間違いなく80年代に録音したもので、当時聴いていたものに間違いないので、このコラムを書く上で、時期を悩むことはないです。 以前、9 […]

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

この時期、佐野元春とビートたけしが自分の中のスターでした。 高校1年の秋に佐野元春が「ロックンロールナイトツアー」で我が郷里佐賀にもやって来て、クラスの友だちと二人で見に行きました。 この全国ツアーが終わった後、彼はニュ […]

「雨のプラネタリウム」 原田知世

「雨のプラネタリウム」 原田知世

ちょっと自分の記憶の整理を兼ねて調べてみました。 彼女の映画デビューは「時をかける少女」であることは間違いないですが、テレビ版の「セーラー服と機関銃」にも主演してました。 それがどっちが先だったかを確認したところ、テレビ […]

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

数年前の中学校の同窓会の3次会。 スナックでのカラオケとなったものの、せっかくなんで自分たちが中学生当時の曲縛りで歌おうということになりました。 みんな同じ歳だから、このあたりの時差はありません。 しかも私はこの手の時間 […]

ページ上部へ戻る