おくりびと

 巷では高評価の映画「おくりびと」だが、私にはちょっと気になる点があった。リアリティだ。本当の死体でないことはこの際問わない。当たり前の話だから。私が気にしているのは主人公の彼が納棺師という仕事に就いたいきさつだ。
 東京でオーケストラのチェロ奏者をしていた小林大吾は、そのオーケストラの解散によって職を失い、郷里の山形に夫婦で戻る。早速の職探しで「安らかな旅のお手伝い」という求人広告を見つける。「年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか」。大吾は旅行代理店と思って面接に出向くと、NKエージェントという、その会社は納棺を生業にする代理店だった。NKは納棺の略。求人広告は「安らかな旅立ちのお手伝い」の誤植だった。
 さて、問題はここである。旅行代理店だと思って、面接を受けに行ったところが、納棺師の代理店だったり、葬儀屋であったとしたら、普通そこに就職することはないだろう。なのに、現金でその日の日当2万円を渡され、月給が50万円ということで就職してしまう点に大きなストーリーの飛躍を感じた。
 自分の身に置き換えて考えてみれば良い。そうと分かっていたら、最初っから面接なんか行かないし、そうと分かった時点で帰ってしまう。それなのに、就職を決めてしまい、妻に隠して仕事をするなんて考えられない。平凡すぎてはストーリーにならないが、ある程度のリアリティは必要と思われる。
 世間的には評価も良い作品であるが、最後のシーンでの、「お涙頂戴」の展開に個人的には興醒めしてしまった。扱っているテーマがやはり難しすぎて、うまく料理できていないようにも思えた。惜しい。
<初出:秀コラム 第1577話>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「ハード・オフ」で、中古のブルーレイドライブ付きのビデオレコーダーを買いました。 ジャンク品ながら、ブルーレイ、DVDともに再生できた、とのメモが付いていて、実際に何ら問題なく使えています。 実はこのレコーダー、同じもの […]

「Born in the U.S.A.」 Bruce Springsteen

「Born in the U.S.A.」  Bruce Springsteen

今日、この日にこの曲を聴く意義。 今日はアメリカ大統領選挙の開票日で、まだこの時間には決着がついていません。 この曲、このアルバムが出た当時、アメリカはレーガン大統領でした。 共和党のレーガン大統領。 強いアメリカを掲げ […]

「imagination」 アン・ルイス

「imagination」 アン・ルイス

今日はアン・ルイスのアルバムの中から取り上げます。 先日、妻の実家に預けていたカセットテープ約20巻が送られてきて、預けていたことなどてっきり忘れていたのですが、それは間違いなく80年代の終わり頃の私のカセットテープです […]

「ガラスのニューヨーク」 ビリー・ジョエル

「ガラスのニューヨーク」 ビリー・ジョエル

ただいま、自分の高校当時の音楽やラジオ番組などを素材にした、私小説を書いています。 そのうち約30%が事実で、残りは全くのフィクションです。 ただ、素材の考証部分はしっかりとやっていこうと思っています。 さて、その小説の […]

「明日なき暴走」 Bruce Springsteen

「明日なき暴走」  Bruce Springsteen

大学のときに目と鼻のあたりがブルース・スプリングスティーンに似ていたクラスメイトがいましたが、その彼は身長が低くて、引きで見ると全く違っていました。ww 今日はちょっと、映画の話題から。 自分がかつて、ブルース・スプリン […]

ページ上部へ戻る