おくりびと

 巷では高評価の映画「おくりびと」だが、私にはちょっと気になる点があった。リアリティだ。本当の死体でないことはこの際問わない。当たり前の話だから。私が気にしているのは主人公の彼が納棺師という仕事に就いたいきさつだ。
 東京でオーケストラのチェロ奏者をしていた小林大吾は、そのオーケストラの解散によって職を失い、郷里の山形に夫婦で戻る。早速の職探しで「安らかな旅のお手伝い」という求人広告を見つける。「年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか」。大吾は旅行代理店と思って面接に出向くと、NKエージェントという、その会社は納棺を生業にする代理店だった。NKは納棺の略。求人広告は「安らかな旅立ちのお手伝い」の誤植だった。
 さて、問題はここである。旅行代理店だと思って、面接を受けに行ったところが、納棺師の代理店だったり、葬儀屋であったとしたら、普通そこに就職することはないだろう。なのに、現金でその日の日当2万円を渡され、月給が50万円ということで就職してしまう点に大きなストーリーの飛躍を感じた。
 自分の身に置き換えて考えてみれば良い。そうと分かっていたら、最初っから面接なんか行かないし、そうと分かった時点で帰ってしまう。それなのに、就職を決めてしまい、妻に隠して仕事をするなんて考えられない。平凡すぎてはストーリーにならないが、ある程度のリアリティは必要と思われる。
 世間的には評価も良い作品であるが、最後のシーンでの、「お涙頂戴」の展開に個人的には興醒めしてしまった。扱っているテーマがやはり難しすぎて、うまく料理できていないようにも思えた。惜しい。
<初出:秀コラム 第1577話>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「明日なき暴走」 Bruce Springsteen

「明日なき暴走」  Bruce Springsteen

大学のときに目と鼻のあたりがブルース・スプリングスティーンに似ていたクラスメイトがいましたが、その彼は身長が低くて、引きで見ると全く違っていました。ww 今日はちょっと、映画の話題から。 自分がかつて、ブルース・スプリン […]

「夏への扉」 山下達郎

「夏への扉」 山下達郎

さて、今日はカセットテープで何聴こうか? 数は少ないけど、手元に残っているカセットテープは間違いなく80年代に録音したもので、当時聴いていたものに間違いないので、このコラムを書く上で、時期を悩むことはないです。 以前、9 […]

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

この時期、佐野元春とビートたけしが自分の中のスターでした。 高校1年の秋に佐野元春が「ロックンロールナイトツアー」で我が郷里佐賀にもやって来て、クラスの友だちと二人で見に行きました。 この全国ツアーが終わった後、彼はニュ […]

「雨のプラネタリウム」 原田知世

「雨のプラネタリウム」 原田知世

ちょっと自分の記憶の整理を兼ねて調べてみました。 彼女の映画デビューは「時をかける少女」であることは間違いないですが、テレビ版の「セーラー服と機関銃」にも主演してました。 それがどっちが先だったかを確認したところ、テレビ […]

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

数年前の中学校の同窓会の3次会。 スナックでのカラオケとなったものの、せっかくなんで自分たちが中学生当時の曲縛りで歌おうということになりました。 みんな同じ歳だから、このあたりの時差はありません。 しかも私はこの手の時間 […]

ページ上部へ戻る