夢をかなえるゾウ

 そもそもはベストセラーの本のタイトルだが、あいにく私は読んでいない。風変わりな自己啓発本と聞いたが、実際のところは知らない。ただ、現在放送中のドラマの方は楽しく見ている。最初にスペシャルの単発ドラマとして放送され、その後毎週、深夜に放送されるようになった。
 終わってしまった単発ドラマの方はさておき、毎週のドラマの方は丁度折り返し地点といったところ。水川あさみ演じる主人公の星野あすかが、25歳の誕生日に彼氏が二股を掛けていて、もう一方の女性と結婚することを知らされ、しかも住んでいたマンションが火災に遭うという不幸ぶり。やがて移り住んだボロアパートに住んでいたインドの象の姿をしたガネーシャという神様(演じるは、古田新)と出会う。しかし、このガネーシャ、何故か関西弁。
 ストーリーはあすかが、もてる女となって幸せをつかむために、ガネーシャから課題を出され、それをこなしていく話である。ところがこの課題というのが、ちょっと妙で、あまり直接的でない。例えば、「爪を切れ」、「左手を使え」、「自炊をしろ」、「合コンの二次会には行くな」、「一番苦手な相手とデートしろ」、「悪女になれ」、といった感じ。ある種逆説的な課題もある。
 このドラマの面白さは、まずキャスティングにある。水川あさみに古田新。このキャスティングが最高に良い。まるで漫才を見ているようなテンポの良さがある。実際にガネーシャの教えが効果的なのかどうかは、さておき。それをドラマ仕立てで見せようという、制作サイドの発想に敬服。「今やらんかったら、一生やらへんで」というガネーシャの言葉に私も耳が痛い。
<初出:秀コラム 第1595話>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「DOWN TOWN」 SugarBabe

「DOWN TOWN」 SugarBabe

土曜日の夜、「オレたちひょうきん族」を見終えて、EPOの「DOWN TOWN」を聴きながら、「良い曲だなあ~!」と思ってからしばらく経ったある日、ラジオで山下達郎のライブ録音の放送がありました。 その時までの彼のヒット曲 […]

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

80年代を懐かしむサイト(https://80s-wonderland.club/)を作る過程で、80年代の化粧品のCMソングをまとめてみました。 詳しくは【ここ】をクリック 1980年春のキャンペーンソングは、 資生堂 […]

「君は天然色」 大滝詠一 再び

「君は天然色」 大滝詠一 再び

今年(2021年)は「A LONG VACATION」の発売から40周年ということで、記念盤のリリースとかもありましたが、とりあえず私は愚直に、最初のアナログ盤ジャケットを眺めながらこの原稿を書いています。 就職で家を離 […]

「NO END SUMMER」 角松敏生

「NO END SUMMER」 角松敏生

全国的に梅雨も明け、今年も夏本番となりました。 コロナ禍ながら、オリンピックで熱い夏になるのでしょうか? (オリンピックは明日開会式です) さて、 この季節に、80年代に自分がよく聴いていた曲となると角松敏生でした。 大 […]

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「ハード・オフ」で、中古のブルーレイドライブ付きのビデオレコーダーを買いました。 ジャンク品ながら、ブルーレイ、DVDともに再生できた、とのメモが付いていて、実際に何ら問題なく使えています。 実はこのレコーダー、同じもの […]

ページ上部へ戻る