加勢大周被告に執行猶予判決

 覚せい剤の使用等の罪で東京地裁に起訴されていた、加勢大周被告の判決公判が行われ、懲役2年6月の求刑に対し、懲役2年6月執行猶予3年の有罪判決が出されました。
 初犯であることと、社会的にも制裁を受けた上、反省の態度も見られるということで、予想通りの執行猶予判決ですが、懲役2年6月というのは結構重い罪です。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る