「パチンコに行っていた」

 千葉県松戸市の常盤平団地で幼い子供3人が焼死した火災で、出火当時不在にしていた母親は当初「病院に行っていた」と供述していましたが、警察の確認で病院での受信記録がないため確認したところ、この母親がパチンコに行っていたことが明らかになりました。交際中の男性も一緒だったようです。
 23歳無職、3人の子供。いったいこの女性はどうして生計を立てていたのでしょうか。それでいて、男とパチンコ。私見ですが、恒常的に子供をほったらかして、パチンコなどに外出していたのではないかと思います

関連記事

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る