人のセックスを笑うな

 「人のセックスを笑うな」という映画があって、実はその前に原作の小説があった。私がその文庫本に手を伸ばしたのは、このショッキングなタイトルと帯に付いていた「映画化決定」という文句のせいだ。基本的にタイトルの如何に関わらず、邦画で映画化される原作本は読んでおきたい。私の場合は読んでから見ることが多い。
 ところがこの映画は映画館で見ることはなく、先日WOWOWでの放送を録画して、ようやく見た。上映館が少なかったこともあったが、今となって思い出せば、それ程映画館に行ってまで見たいという気持ちにはならなかったようだ。それどころか、今回映画を見るまで、どんなストーリーだったのかを覚えていなかった。さらに言うと、映画を見ても、「こんなストリーだったっけ?」という感じだった。
 映画を見たいという気持ちが起きなかったのは、原作が面白くなかったからだろう。あまりにも面白くなくて、ストーリーすら覚えていなかったのだ。基本的に原作が面白くない場合、その映画が面白いことはまずない。案の定、映画もつまんなかった。冗長的で無駄なシーンに時間が結構割かれているので、見ていてイライラする。また、見せ場もなければ。メッセージ性もない。
 正直、この作品はタイトルのインパクトだけの小説で映画だ。これがもし他のタイトルだったら映画にはなっていないだろうし、原作の出版すらされていなかったかも知れない。それほど、「セックス」という言葉のインパクトはすごい。ネーミングの力を改めて知らされた。原作は文藝賞を受賞しているらしいけどね。
<初出:秀コラム 第1622話>

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「DOWN TOWN」 SugarBabe

「DOWN TOWN」 SugarBabe

土曜日の夜、「オレたちひょうきん族」を見終えて、EPOの「DOWN TOWN」を聴きながら、「良い曲だなあ~!」と思ってからしばらく経ったある日、ラジオで山下達郎のライブ録音の放送がありました。 その時までの彼のヒット曲 […]

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

「唇よ、熱く君を語れ」 渡辺真知子

80年代を懐かしむサイト(https://80s-wonderland.club/)を作る過程で、80年代の化粧品のCMソングをまとめてみました。 詳しくは【ここ】をクリック 1980年春のキャンペーンソングは、 資生堂 […]

「君は天然色」 大滝詠一 再び

「君は天然色」 大滝詠一 再び

今年(2021年)は「A LONG VACATION」の発売から40周年ということで、記念盤のリリースとかもありましたが、とりあえず私は愚直に、最初のアナログ盤ジャケットを眺めながらこの原稿を書いています。 就職で家を離 […]

「NO END SUMMER」 角松敏生

「NO END SUMMER」 角松敏生

全国的に梅雨も明け、今年も夏本番となりました。 コロナ禍ながら、オリンピックで熱い夏になるのでしょうか? (オリンピックは明日開会式です) さて、 この季節に、80年代に自分がよく聴いていた曲となると角松敏生でした。 大 […]

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「時の流れに身をまかせ」 テレサ・テン

「ハード・オフ」で、中古のブルーレイドライブ付きのビデオレコーダーを買いました。 ジャンク品ながら、ブルーレイ、DVDともに再生できた、とのメモが付いていて、実際に何ら問題なく使えています。 実はこのレコーダー、同じもの […]

ページ上部へ戻る