年末 映画三昧

私にとって、2009年最大の出来事は久彌さんが亡くなったことです。
そこでその年末に氏追悼の作品上映がありましたので、出掛けてきました。
場所は銀座シネパレス。地下鉄東銀座駅近く、三原橋の地下です。
何か時間が30年くらい止まった感じの映画館ですが、シートは今風のものでした。
この日の上映作品は「喜劇 百点満点」と「喜劇 とんかつ一代」。
それにレイトショーとして「高校大パニック」が上映されていましたので、この3作品を連続で見ました。
「喜劇 百点満点」は初めて見ました。
昭和51年頃の作品で、氏の芸能生活40周年記念作品ということでした。
伴淳三郎、三木のり平、フランキー堺、小林桂樹、淡島千景といった出演者も社長+駅前といった感じです。
駅前シリーズに似たような設定があったような気がしますが、はたして何だったか??。それとも以前この作品を見ていた記憶だったのか??。
「喜劇 とんかつ一代」は録画したDVDを所有しており、今年も1度見た作品です。
これも制作が東京映画とあって、駅前作品に似たテイストの作品です。
そして最後は「高校大パニック」。
当時のテレビCMを私は克明に覚えています。
放送を録画したDVDを所有しています。
高校生がライフル銃を店から奪い、それを持って教師を殺害し、学校に立てこもるストーリーです。
受験戦争の歪みとも言うべきストーリーはそもそも8mmの自主制作映画として撮られたもので、それを日活が一般公開用に撮りなおしたものです。
単純なストーリーながら、自分が犯人の立場になったり、警察の立場になったりしながら、緊張感を楽しめます。
デビュー間もない、浅野温子が出演しています。
ストーリーの舞台は福岡ですが、学内でのロケは東京で行われたらしく、会社の先輩がエキストラでジュラルミンの盾を持った機動隊員を演じていたそうです。
金の掛かっていない感じの作品ですが、これはある種、名作です。
昔テレビで見ていた、「特別機動捜査隊」で三船主任を演じていた青木義朗さんが県警本部の捜査課長として良い味を見せてくれます。まあ、特別機動捜査隊そのままの演技ですが。
森繁作品はしばらく同劇場で作品を替えながら上映されますので、通ってみようと思っています。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る