前原外務大臣辞任

在日の外国人から献金を受けていたとして、政治資金規制法違反ということで政治的責任の取り方として、大臣を辞任しました。
当初、「事務的なミス」ということで事態を収拾するつもりだった様ですが、国会の微妙な力関係と予算(関連法案)審議というタイミングの間であえなくの辞任です。
それにしても「事務的なミス」とはどういうことでしょう?
法律で禁止されていることをやっておきながら、こんな言い逃れはないでしょう。
日本人名だったから気が付かなかった、という意味でしょうか?
報道によると随分以前から代議士とは親しくしているらしい。
もう一つの疑問点がよくもまあこんな献金情報がバレたな、ということ。政治資金収支報告書をくまなく調べている人がいるということだが、日本人名で記載されている献金者が外国人であることまでよくつきとめたなあ、と思うわけです。
大臣をやるほどになるとそこまで調べられるということなのか?。個人で献金しようならその人はいろいろと周りに調べられるということなのだろうか?。これは怖い。
今回の件はなにも今頃になってわかった訳ではなく、その効果が最も有効なタイミングを待って爆破させたに違いありません。菅総理があんな状態だから、その次として最も総理に近い人物と自他ともに思っていたでしょうが、足許を救われてしまいました。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る