電子書籍第1巻 ~まえがき~より

 早いもので「秀コラム」という形で自分が文章を書き始めて15年を迎える。こうして文章を書き始めたきっかけは会社での宣伝媒体の余ったところを埋めるために、ちょっとした文章を書き始めたことだった。しかしさらに遡って考えてみると、今のこのような自分のスキルと言うか、性格と言うか、その原点は小学生のときに新聞係として、壁新聞や謄写版印刷のプリント新聞を作っていたことだと、改めて気が付いた。他にもWebでいろいろと遊んでみようとするのも、かつての新聞係のときの気持ちだったのだと思う。

 さて、15年であるが、本当に早かった。あまり記憶に残っていないのだが、こうして自分が書き残した文章を見ると、記録はある。今となっては時代遅れになったり、夢物語が現実になったり、はたまた何の事だったのか思い出せないような事件の話なんてのもある。いずれにしても我が人生の貴重な記録であり、宝である。

 時間が経ったから、改めて面白さが熟成されている感じ。今回は校正もそこそこに、新たな追記などせずにほぼそのままの形でリリースすることにした。各巻に100話を収録して、随時出して行こうと思う。電子書籍バンザイ!。日付つきの文章で読者諸氏が「この頃、自分は??」と思ってくれたらありがたい。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

天気予報

今日は この曲を聴きながら~

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

80年代を代表するバブルな感じの音となると、私は角松敏生を挙げたいと思います。 チョッパー奏法のベース、電子パーカション、スクラッチ、 ロングプレイバージョン(12インチシングル)等、それらの巧みな組み合わせ。 特に、1 […]

「駅」 竹内まりや

「駅」 竹内まりや

そもそもの音楽的な素養がありながらも、それがアーティストという形で認知されるようになったのは、彼女が山下達郎と結婚した頃からではないかと(勝手に)思っています。 この曲は中森明菜への提供曲をセルフカバーしてヒットしたとい […]

「じゃあね」 おニャン子クラブ

「じゃあね」 おニャン子クラブ

今年は、私にとっては特に何の変化もない春です。 子どもの進学や就職、自分の異動などもなく、平穏な春です。 ただ、某高校の卒業式には来賓として出席しました。 さて、おニャン子クラブは今に続く多人数によるアイドルユニットの魁 […]

「不思議なピーチパイ」 竹内まりや

「不思議なピーチパイ」 竹内まりや

春が近づいてきていますね。 東京では靖国神社の桜が咲いて、今日、開花宣言が出ました。 さて、春と言えばかつては化粧品のCMで華やいだ雰囲気を感じていたものです。 今日取り上げるこの「不思議なピーチパイ」は資生堂のCMソン […]

「素顔のままで」 ビリー・ジョエル

「素顔のままで」 ビリー・ジョエル

たとえば、テレビのバラエティ番組のBGMとして、ほんのワンフレーズ程その曲が流れると続きが聞きたくなったりします。 テレビ朝日系で放送している「あいつ今何してる?」で、この「素顔のままで」が使用されていました。 CDを探 […]

ページ上部へ戻る