電子書籍第3巻 ~まえがき~より

 電子書籍化も3冊目。校正をやり始めたらいろいろと書き足したり修正したりと手間が掛かりそうなので、校正漏れも含めて、できるだけ発表当時の原稿のままに電子化しようという方針のシリーズである。ただ、レイアウトが壊れていないかとか、半角と全角が正しく区別されているかなど、ペラペラと約200ページをめくることにはしている。タイトルから中身を思い出せるのがだいたい七割くらい。一割は、「こんなの書いたんだ?!」といった感じである。時が経つことによる忘却は、ある意味面白い。

 一旦原稿を発表したからには、その考えは一貫して貫こうと思っているが、今となってはやや考え方に変化が生じてきているのが分かる。特にお金に関する考え方が変わってきた。例えば、先日の消費税の増税について。「これからは買い物を控えよう」とか、「もっと頑張って(残業して)稼ごう」という思いには全く賛同できない。そういう考えでは、一生お金に困る人生のままだと思う。「宝くじが当たったら」と言いながら、買った宝くじが当たるよりも、交通事故に遭う確率の方がはるかに高いし、言うだけで買ってもいないケース(結果としてはこっちが賢明)も多い。増税前に何か買い貯めるにしても、高々1,000円程度の差額のために、混雑の中、余計な時間を掛けてまで買い貯めをする必要があるのかと思い、自重した。ただ、消費増税を口実にエレキギターを一本買ったが、それはエクスキューズで、好き勝手なやや後ろめたい買い物に対する言い訳でしかなかった。

 かつては勉強すると良い会社に入れて、良い会社に入れば一生安泰で、幸せになれると思っていた。ところがどうだろう。幸せとはそれほど画一的なものではなかった。様々な幸せがある。金銭的に豊かなことが必ずしも幸せではないようだ。それ以上に、やりたいことがやれているかが重要な気がする。しかしながら、「やりたいことが見つからない」、「やりたいことをやっていては食っていけない」、と言う人も多かろう。だが、人生で残されている時間は短い。

 最近は自分を中心にものを考えることにした。わがままになったり、他を排してまでというものではない。サラリーマンは他人のために時間を使って、その代償に賃金を得ている。安定という名の下に、不満を抱えて時間を消耗することを潔しとせず、私はサラリーマンを辞めた。立ち位置が違うから、意見や主張も違ってくる。だから、今後私が文章を書くとしたら、作風が変わってくるかもしれない。ある意味、今の自分では書けない、書かないような文章を見ながら、電子書籍化の作業を続けている。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~

「想い出がいっぱい」 H<sub>2</sub>O

「想い出がいっぱい」 H<sub>2</sub>O

バブリーな曲に合わせて踊る様子で最近元気な荻野目ちゃんですが、今回はそれよりも数年前のアニメで妹役を演じた「みゆき」についての話題です。 元は「少年ビッグコミック」に連載された漫画で、私はリアルタイムに貸本屋で借りて読ん […]

「ウエディング・ベル」 シュガー

「ウエディング・ベル」 シュガー

最近の日曜日の午後は文化放送の「ミスDJリクエストパレード」を聞いています。 と言いつつ、この時間に家にいることは少ないので、録音して聞いていることがほとんどです。 1981年から85年まで深夜放送として放送されていた当 […]

「彼女はデリケート」 佐野元春

「彼女はデリケート」 佐野元春

彼が歌うこの曲をまず最初に聴いたのは、『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』に収録されたものでした。 曲が始まる前に、彼が語るセリフの部分があります。 空港らしい場所での背景音にかぶって彼が語ります。 ただ冒頭 […]

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

80年代を代表するバブルな感じの音となると、私は角松敏生を挙げたいと思います。 チョッパー奏法のベース、電子パーカション、スクラッチ、 ロングプレイバージョン(12インチシングル)等、それらの巧みな組み合わせ。 特に、1 […]

「駅」 竹内まりや

「駅」 竹内まりや

そもそもの音楽的な素養がありながらも、それがアーティストという形で認知されるようになったのは、彼女が山下達郎と結婚した頃からではないかと(勝手に)思っています。 この曲は中森明菜への提供曲をセルフカバーしてヒットしたとい […]

ページ上部へ戻る