電子書籍第5巻 ~まえがき~より

 私が「秀コラム」を始めた15年ほど前からに比べると、個人が自由に自分の考えや意見を発表できる機会は大幅に変化した。それがある種、私が日常的にコラムを書くことから遠ざかっている原因の一つになっている。世の中が便利になることは全てが良いことばかりではなく、その影と言うか、負の部分が現れる。ちょっと古くは、オレオレ詐欺に、振り込め詐欺。出会い系からの様々な事件や詐欺行為。架空請求やメールによる詐欺など、これらは枚挙に暇がない。

 ネットにも様々な意見が跋扈している。ただいまは都議会のヤジ騒ぎが話題になっているが、表面的な「セクハラ行為はけしからん!」は当然ながら、一方では被害者の女性都議の過去を引っ張り出してきて、そこをヤジ以上に攻撃している(本人のところに届いていないかもしれないが)。自分の身分を隠して、何が真実か分からない、勝手な発言も多い。それとそれに追従して、煽る者達。暇な奴らだなぁ~、と思いながらも、つい見入ってしまう(彼らのエネルギーをもっと有効に使えないものだろうか)。まあ、面白いのは事実だが、度を過ぎると不愉快になってくる場合もある。

 素人の発言は裏取りをしていないのがほとんどだ。マスコミで報道される情報をソースに、それらを元に、感覚で判断した内容を発信している。その内容は別の人によって参照され、その裏付けが検証されることなく、増幅して拡散される。文章がうまく、もっともらしく書かれている文章もよく読むと、その正当性の裏付けが全く論じられていないものも多い。理由を述べずに、受けの良い結果だけを訴求している。適当に新たな都市伝説を作っているようなノリだ。

 リテラシーという言葉があって、「読み書きの能力」という感じの意味である。これがITリテラシーとなると、基本的に、キーボードを使って文字を入力することなどが中心に扱われているが、今後は「読み」の能力が重要で、これらを学校などでも訓練することが求められる気がする。ネットにある、どの情報が信頼でき、どの情報の信憑性がないかを判断する能力である。

 そんなことを考えながら、日頃の筆が止まってしまった。過去の文章を読み返しながら、ある時は自省し、自らの立ち位置と表現力を再考している。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~

「想い出がいっぱい」 H<sub>2</sub>O

「想い出がいっぱい」 H<sub>2</sub>O

バブリーな曲に合わせて踊る様子で最近元気な荻野目ちゃんですが、今回はそれよりも数年前のアニメで妹役を演じた「みゆき」についての話題です。 元は「少年ビッグコミック」に連載された漫画で、私はリアルタイムに貸本屋で借りて読ん […]

「ウエディング・ベル」 シュガー

「ウエディング・ベル」 シュガー

最近の日曜日の午後は文化放送の「ミスDJリクエストパレード」を聞いています。 と言いつつ、この時間に家にいることは少ないので、録音して聞いていることがほとんどです。 1981年から85年まで深夜放送として放送されていた当 […]

「彼女はデリケート」 佐野元春

「彼女はデリケート」 佐野元春

彼が歌うこの曲をまず最初に聴いたのは、『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』に収録されたものでした。 曲が始まる前に、彼が語るセリフの部分があります。 空港らしい場所での背景音にかぶって彼が語ります。 ただ冒頭 […]

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

「DO YOU WANNA DANCE」 角松敏生

80年代を代表するバブルな感じの音となると、私は角松敏生を挙げたいと思います。 チョッパー奏法のベース、電子パーカション、スクラッチ、 ロングプレイバージョン(12インチシングル)等、それらの巧みな組み合わせ。 特に、1 […]

「駅」 竹内まりや

「駅」 竹内まりや

そもそもの音楽的な素養がありながらも、それがアーティストという形で認知されるようになったのは、彼女が山下達郎と結婚した頃からではないかと(勝手に)思っています。 この曲は中森明菜への提供曲をセルフカバーしてヒットしたとい […]

ページ上部へ戻る