キヤノン IXY DIGITAL WIRELESS

00500210923.jpg
 写真は私が持っている「キヤノン IXY DIGITAL WIRELESS」です。無線LANの機能を有しており、その名の通り、取った画像をワイヤレスでパソコンに転送できたりします。ちょいと便利ではありますが、ケーブル接続の場合に比べると転送速度が遅く、ちょっとじれったいです。
 さて、私が今回注目したいのは既に販売が終了したこの機種独自の機能ではなく、最近のIXY DIGITAL全体に搭載されているであろう機能です。
 皆さんも撮影した写真の構図の多くは横位置(横長の長方形)だと思いますが、たまに縦位置(縦長の長方形)での撮影も行うことでしょう。で、これら撮影データをカメラの液晶画面で確認した場合、最近のデジカメの多くは縦位置の写真は左右が黒くマスクされ、小さく縦に撮影したデータが表示されると思います。
 ここでIXY DIGITALの場合、カメラを左右いずれかに90度回転させ、縦位置になるように構えます。するとどうでしょう。縦長になった液晶画面に、縦位置の写真データがぴったりサイズで表示されます。またこれを普通の向きにカメラを回転させると元のように横長の画面に縦位置のデータが表示されます。これって、些細なことですが、非常に気の利いた機能だと思います。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る