「嫌いな人」実名発表でいじめ 損害賠償訴訟

 小学校時代の担任教師がクラスで嫌いな人のアンケートを取り、一番嫌われている人として実名を公表したために級友からいじめられて精神的な苦痛を受けたとして、千葉市内の男子中学生とその両親が、千葉市を相手取り、1100万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁に起こしました。
 関係者によると、男子中学生が市立小学校の4年生だった平成17年4月、担任が「クラスで好きな人と嫌いな人」の実名をクラス全員に書かせた。約1週間後、担任は結果発表の是非についてクラスで多数決を取り、「一番嫌われている男子」としてこの男子中学生の実名を発表したそうです。男子中学生はこれを機に、クラスメートからいじめを受けるようになり、約1年半後に別の市立小学校に転校しました。
 この教師は他の年度でも同じような事をやってたりするのではないでしょうか?。また、他にも同じようなことをやっている教師がいそうな気がします。発表こそなかったものの、私も小学生のときに、似たようなアンケートを書かされた記憶があります。

関連記事

ブログの情報を読み込めませんでした。

ページ上部へ戻る