新型Kindleにややガッカリ

 先月末に米国Amazonが販売しているKindle端末の新製品が発売になって、予約をしていたところ、先日ようやく手元に届いた。
 新製品となって、安くなり、WiFi専用モデルが出て、日本語のフォントがインストールされて日本語表示が可能になった点などが変わっている。
 私が今回このKindleを買った目的はいくつかあるが、その中心的なものは、蔵書をスキャニングしてPDF化(自炊)したファイルをこれで読もうというものだった。iPadではやや重い、と感じていた。機能的には前世代の機種からもPDFファイルの表示は可能であったが、自炊ファイルをこしらえている間に新製品が出て、安くて、日本語フォントも内蔵ということだったので、それまでに待つことにした。
 早速の使用感であるが、途端にガッカリである。PDFファイルをインストールして表示させたところ、読める品質の表示でなかった。文字が小さく、薄く、かすれていて読めない。別に老眼というわけでなく、画面の解像度が小さく、階調が足りないことによるようだ。スキャニングしたPDFだけでなく、電子書籍としてPDFファイルで流通しているものを転送して表示してみたら、先程よりは良かったが、文字は小さすぎて読みづらい。PDFでは表示のフォントサイズの変更ができず、全体がそのまま拡大表示されるので、これまたスクロールさせたりと読みづらい。
 自分が元ファイルを持っていて、自分でPDFファイルを作るのなら、最初からフォントサイズを大きく設定してPDFファイルを書き出すようにしないとPDFファイルの閲覧は相当辛い。
 まあ、日本語フォントがインストールされたことで、本文はもちろんのこと、トップページの蔵書一覧でも書籍名(ファイル名)が日本語で表示されるのは気持ち良いし、電子インクの画面はそこに文字が本当に書いてあるかのように、美しい。それは、嬉しい。
 付加機能としてある、Webブラウザでも日本語の表示は可能だが、解像度と階調の限界で、ほとんど役に立たない。
 自炊したPDFファイルを閲覧するには、iPadの方が格段に向いている。しょうが無いので、自分でKindle用の日本語書籍をたくさん作って、世の中に配信したいと思います。
<後日談>
 PDFファイルはトリミングをして余白を見かけ上削除すれば、十分に読める形になりました。
 但し、ページのサイズと文字サイズのバランスから、文庫本が良いみたいです。新書の場合は文字が小さく、読みづらいです。

関連記事

仕事系

  1. 同窓会サイト
    同窓会のホームページなら「同窓会サイト」。同窓会幹事のIT屋が作っている、同窓会ホームページ…
  2. 議員サイト
    サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…
  3. サイトを見る有権者の立場からわかりやすく、検索にも強い、まさに最強の議員サイトを販売していま…

今日は この曲を聴きながら~ 80's

「明日なき暴走」 Bruce Springsteen

「明日なき暴走」  Bruce Springsteen

大学のときに目と鼻のあたりがブルース・スプリングスティーンに似ていたクラスメイトがいましたが、その彼は身長が低くて、引きで見ると全く違っていました。ww 今日はちょっと、映画の話題から。 自分がかつて、ブルース・スプリン […]

「夏への扉」 山下達郎

「夏への扉」 山下達郎

さて、今日はカセットテープで何聴こうか? 数は少ないけど、手元に残っているカセットテープは間違いなく80年代に録音したもので、当時聴いていたものに間違いないので、このコラムを書く上で、時期を悩むことはないです。 以前、9 […]

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

「コンプリケイション シェイクダウン」 佐野元春

この時期、佐野元春とビートたけしが自分の中のスターでした。 高校1年の秋に佐野元春が「ロックンロールナイトツアー」で我が郷里佐賀にもやって来て、クラスの友だちと二人で見に行きました。 この全国ツアーが終わった後、彼はニュ […]

「雨のプラネタリウム」 原田知世

「雨のプラネタリウム」 原田知世

ちょっと自分の記憶の整理を兼ねて調べてみました。 彼女の映画デビューは「時をかける少女」であることは間違いないですが、テレビ版の「セーラー服と機関銃」にも主演してました。 それがどっちが先だったかを確認したところ、テレビ […]

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

数年前の中学校の同窓会の3次会。 スナックでのカラオケとなったものの、せっかくなんで自分たちが中学生当時の曲縛りで歌おうということになりました。 みんな同じ歳だから、このあたりの時差はありません。 しかも私はこの手の時間 […]

ページ上部へ戻る